デイトレーダー必見!株式の信用取引が便利な点

信用取引なら売りから入ることができる

現物株は買いからしか入ることができません。ですから、下げ相場では稼ぐことが難しいのです。一方、信用取引ができれば、下げ相場でもコンスタントに利益を出していけます。なぜなら、信用取引では売りから入ることができるからです。売りから入って、下がったところで買えば、差額が利益になります。一般的に株価は下がるときには一瞬で大幅に下がり、上がるときには時間をかけて徐々に上がるものだと言われているので、信用取引ができれば短期で巨額の利益を出すことも夢ではありません。

信用取引ならレバレッジをかけられる

信用取引のメリットは、レバレッジをかけられる点にもあります。レバレッジというのは、自分の持っているお金以上の額の取引ができることを指します。FXなら数十倍のレバレッジをかけられるのですが、信用取引では三倍までです。利益がその分増えるので、大きく儲けることも可能になります。現物株は安全なのはいいのですが、大きな冒険がしにくいのがデメリットです。信用取引なら、その点も解消されます。大きな賭けに出ることができて便利ですよね。

売買手数料がゼロになる信用取引もある

デイトレーダーが一番頭を悩ませるのが、売買にかかる手数料ではないでしょうか。毎日頻繁に売り買いをしていると、手数料の合計額が大きく膨らんでしまいます。手数料はダイレクトに利益を圧迫する存在なので、可能なら消してしまうのが一番です。手数料をなくす一番簡単で便利な方法が、信用取引をすることです。会社にもよりますが、信用取引では手数料がゼロだというところもあります。少額の取引を一日何度繰り返したとしても利益を圧迫されることがありません。確実に儲けられるので最高ですね。

信用取引とは、金融用語で、株取引における購入の資金を証券会社から借りて株の売買を行う投資手法の1つです。