デザイン系の専門学校を出て狙える業界は?

キャラクターデザインができればゲーム業界に入れる

デザイン系の専門学校を卒業すれば、その後、仕事の幅は非常に広く取れます。基本的なデザインの知識があれば、できる仕事は多くなるからです。キャラクターデザインができれば、ゲーム業界にも入ることができるでしょう。最近のゲーム業界の特徴としては、数百体という数のキャラクターを用意しなければならないソーシャルゲームが主流になっています。キャラクターデザインができる人材の募集は常に行われているので、新卒どうこう関係なく就職はしやすいです。

ファッションデザインで服飾業界に入るのもあり

デザイン系の専門学校では、ファッションデザインも学べます。自分で洋服を作ってみることもできるので、非常に勉強になりますよね。実際一度でも自分で洋服を作ったことがある人は、いいデザインができる可能性が高いと言われています。作る人のことまで考えてデザインをするからです。こうした人材は、服飾業界では重宝されるはずです。ファッションデザインは独学をするのが難しいジャンルですから、専門学校に通う選択は十分ありだといえます。

テレビ業界でもデザイン力がある人は重宝される

テレビ業界でも、デザイン力があると重宝されます。映像制作会社の社員になって、ドラマや映画の各種デザインに携わるのもありでしょう。バラエティ番組であっても、テロップの入れ方やイラストの発注の仕方など、デザイン力がないとできない仕事は多いです。CMに至ってはほとんどすべてがデザインでできているといっても過言ではありません。専門学校で学んだことがフルに活かせる上、高収入も期待できるので目指す価値があります。

ゲームの専門学校でも、働きながらでも行けるWSコースや、大卒資格と技術資格を同時にとれる大学部など様々な学部などもありますので好きなことを徹底的学ぶことができますね。