相続税の申告前に済ませておきたい!相続財産の名義変更や解約手続き

忘れては大変!金融機関の口座解約の手続き

相続税の申告を税理士に依頼するにあたり、準備しなければならない作業があります。相続する各種財産ついて、解約や名義変更の手続きが必要なのです。重要な手続きの一つとしては、金融機関に預けている預貯金がありますね。被相続人が所有していた銀行口座は、本人の死去に伴い解約手続きを行わなければなりません。また口座への預入金だけでなく借入額が残っていた場合にも、相続人が引き継ぐことになるために注意が必要でしょう。

不動産の名義変更が必要!申告前に忘れず手続き

相続財産が不動産であった場合、名義変更手続きが必要です。相続税の申告で事実関係が複雑にならないためにも、適切な手続きを行うのがベターです。相続人は、被相続人が所有していた不動産の権利について名義変更により引き継ぎます。また所有不動産がマンションやアパートなど賃貸借物件であれば、入居者や管理会社に対して名義変更の旨を伝えなければなりませんね。期間には余裕をもって行うのがトラブルを予防するのに有効です。

保険金支払い申請も大切!早めに手続きするのが無難

死亡保険に被相続人が加入していた場合、保険金も課税対象となる財産の一つです。そこで、保険会社へ受け取りのための手続きを、相続税の申告前の準備として行います。この死亡保険により発生する財産は、遺産分割の協議の対象とはならず、契約により定めた受取人の財産となります。また忘れていけないのが、保険の受取人が被相続人であった保険契約です。この場合、被相続人の死亡により、契約の変更理由が生じます。後で保険トラブルに発展させないためにも、きちんと変更手続きを行うのが適切でしょう。

家族からの遺産を相続する場合は「申告」が大きな課題になります。そんなときは、相続の申告を税理士に相談すると安心です。