火災保険はどこまで適用されるのか知っておこう

火災保険の範囲を知っておこう

火災保険は住宅を余裕している人の8割以上が加入しています。この割合が高いのか低いのかはその人の主観により変わってきますが、多くは不動産屋と契約をするときに自動的に加入させられた物です。ただ、仮に自動的に加入をしなくてもそれなりに高い数字は維持できるのではないでしょうか。ところで、火災保険に加入をする場合には気をつけなければならないことがあります。それは補償範囲です。どの範囲まで補償するかを知っておく必要があるでしょう。

水災はたいていオプション設定

火災保険を契約する時には基本事項は必ず加入することになります。例えば、火災や風災、雹害などがこれに当たります。ですが、水災に関してはオプションサービスになっている火災保険会社がほとんどです。なぜ水災がオプションになっているのかと言えば、水災は一度起こると多くの住宅が水災に遭うからです。そうすると保険会社の支払いが大変なことになり、潰れてしまう可能性があるのです。では、水災はどういった場合に入っておいた方がいいのでしょうか。

水災には言っておいた方がいい場合とは

水災とは水に関する災害ですが、大抵は津波や川が氾濫したとき、あるいは大雨が降って水がたまったときに起こる災害になります。これらが起こりやすいのは海の近くや海から1,2キロ離れていても低地の場合、川のそばで低地の場合、あるいは川からも海からも離れているけども、低地の場合です。つまりどの場面であっても低地である場合は水災が起こりやすいため少しお金を払ってオプションで加入しておくべきでしょう。低地とは海抜3メートル以内の場所を言います。

火災保険とは、マンションや一戸建て住宅などを対象に火災が発生した場合の損害を保障することを目的とした保険です。